はい!今やってます!

Work Pertly, Live Idly

MySQLでデータをファイル出力する

毎回調べてる気がするので…

  • ファイル出力コマンド
mysql -u ${user_name} -p ${db_name} > result.tsv
//パスワード入力
SELECT * FROM ${table};
  • Exit
quit

hostnameを修正して即反映させたい

vi /etc/hostname
hostname -F /etc/hostname

CentOS7でRailsを起動するまでの手順メモ

適当なサーバーでCentOS7をセットアップする

省略

gemインストール

yum -y install gem

最新版rubyを入れる

cd /usr/share
gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3
curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable --ruby
source /usr/local/rvm/scripts/rvm

Railsを入れる

gem install rails
rails --version

Nodejsをインストール

yum install -y nodejs

※nodejsを入れないとbrowserifyが入ってないとかで怒られました。

MySQLをインストール

yum -y install mariadb-server mysql-devel

プロジェクトを作成(DBをmysqlに設定)してpumaを起動

rails new ${project_name} -d mysql
cd ${project_name}
bin/rails s -b 0.0.0.0
http://XXX.XXX.XXX.XXX:3000/

MariaDBを5系から10系にアップデートする

WITH句のRecursiveサポート

MariaDBの10系のversionupで10.2.2からWITH句のrecursiveがサポートされるようなので、 テストサーバーを5.5から10.2にバージョンアップしようと。 mariadb.com

CentOS7 の場合

  • 設定ファイルの中身を生成

MariaDB - Setting up MariaDB Repositories - MariaDB

  • repoファイルを作成
sudo vi /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
sudo yum update MariaDB-server MariaDB-client
  • バージョンを確認
rpm -qa | grep MariaDB
  • 再起動
service restart mariadb

n+1問題用スニペット

for文の中でSQLを回してしまう事でアプリのパフォーマンスを落としてしまうn+1問題と呼ばれる処理。 解決するためにはデータをチャンクして処理する必要がある。あまり上手く書いてるコードと出会った事が無くて苦手意識があったのだけど、今日シンプルなのと出会ったのでスニペットとして覚えておこう。 言語はGoで。

const maxCount = 1000
for i := 0; i < len(target); i += maxCount
{
    j := i + maxCount
    
    if len(target) < j 
    {
        j = len(target)
    }

    subTarget := target[i : j]
    executeSQL(subTarget)
    log.Print("execution finished [" + strconv.Itoa(i) + "-" + strconv.Itoa((i + len(subTarget))) + "]")
}

Macに立てたローカルサーバにスマートフォンからアクセスする方法

開発環境のMacで立てたローカルサーバに、iPhoneなどの実機端末からWebアクセスしたい場合の手順です。
下記手順はローカル環境でWebサーバが稼働している前提で書かれています。

設定画面を開く

システム環境設定から、"共有"を選択する。 f:id:yuji_ueda:20160412225405p:plain

設定画面(共有)を開く

"相手のコンピューターが使用するポート"で"Wi-Fi"を選択。
Wi-Fiオプションから"ネットワーク名"や"パスワード"を適宜設定しておく f:id:yuji_ueda:20160412225641p:plain f:id:yuji_ueda:20160412225750p:plain ※画像のケースでは"共有する接続経路"に"Thunderbolt Ethernet 3"が選択されていますが、適当な設定は"ネットワーク"から確認可能です。

インターネット共有をONにする

f:id:yuji_ueda:20160412225904p:plain

クライアントの設定をする

"Wi-Fiオプション"で設定した内容に従って、クライアントからWi-Fiに接続します。

サーバへアクセス

画像にもある通り、ブラウザからhttp://yujiueda.localhostにアクセスすることで、
対象のサーバに接続されます。 f:id:yuji_ueda:20160412230044p:plain

Phoenix × Elixir ×MariaDB × Dockerでjsonを返すAPIを開発する (4日目 : DB設定 & API作成編)

前回の記事(Phoenix × ElixirでAPIを開発する (3日目 : DB環境構築編) - はい!今やってます!)に引き続きDBの設定をして、いよいよAPIを作成します。

MariaDBの権限付与

hostname -i //On API Container
grant all privileges on *.* to root@'172.%';
flush privileges;
SET PASSWORD FOR 'root'@'172.%' = PASSWORD('password');

phoenixのDB定義を設定

cd ${App_Dir}
vi config/dev.exs
設定例 DEV用)
config :api, Api.Repo,
adapter: Ecto.Adapters.MySQL,
username: "${User_Name}",
password: "${Password}",
database: "api_dev",
hostname: "mariadbmaster",

※テスト用も同様に書き換えてください。

DB設定

//APIサーバで
cd ${App_Path}
mix do deps.get, compile
mix ecto.create
env MIX_ENV=test mix ecto.create

jsonAPI作成

mix phoenix.gen.json Pool pools pool_name:string pool_url:string receiver_count:integer mayer_id:integer pool_rank:integer

ルーティング設定変更

vi web/router.ex
変更前)
  # Other scopes may use custom stacks.
  # scope "/api", Api do
  #   pipe_through :api
  # end
変更後)
  # Other scopes may use custom stacks.
  scope "/api", Api do
    pipe_through :api
    resources "/pools", PoolController, except: [:new, :edit]
  end

migration実行

mix ecto.migrate

ルーティングを確認

mix phoenix.routes

サーバを起動

mix phoenix.server

Postでレコード作成

curl -H "Content-Type: application/json" -X POST -d '{"pool": {"pool_name": "Test Resource", "pool_url": "http://www.test.com", "receiver_count": "0", "mayer_id": "999999999", "pool_rank": "1"}}' http://192.168.59.103:8080/api/pools

レコード確認

http://192.168.59.103:8080/api/pools

githubで新規リポジトリを作成してコミット

GitHub · Where software is built -> Create Repo

cd ${App Dir}
git init
git remote add origin https://github.com/uedayuji/api.git
git add .
git commit -m "Initial Commit"
git branch
git push origin master
git checkout -b release //Release Branch作成
git push origin release
git checkout -b develop
git push origin develop //Develop Branch作成

今回作成したコードはこちら(uedayuji/api · GitHub)で公開しています。 今後の実装はGithub上での開発となるので、このシリーズは完結です。